Quadro Diary

会社でやっている仕事はDTPデザインやっています。どうでもいいような事、自分が気に入った物、気になった事、広く浅くいろんな事を防備録みたいに書いていこうと思います。

職務質問で警官を戦闘モードにするNG行動とは?

職務質問で警官を戦闘モードにするNG行動とは? https://gunosy.com/articles/a7TGf?s=s

七年前、会社帰りで交通事故に遭い、クルマが動かせない状態だった。

運転席側はドアが凹まされて開かなくなっていたので、助手席側のドアを開けてイスに座って、クルマ屋さんに電話しようとスマホをイジっていた。

その時、クルマ屋さんが新しい社屋に引っ越していたので電話番号が変わってしまっていて調べるのに焦っていた。

あたりは真っ暗になりかけていた。

その時、人の気配を感じて上を見上げると、男の顔が見えた。

「何をしている!」 「えッ」

見渡すと、クルマを取り囲むようにガタイのいい5、6人の制服の警察官が全員眼光鋭くボクを睨みつけていた。

逃げられないように取り囲んでいたのは確かだ。

「何をしているのか!」

ボクはイライラしていたので、なおさらイラッと来た。 警察官だと見て分かっていたけど頭にイラッと来た。

イラッと来ていたので、ちょっと強い口調になったのだけど、 「事故起こして、クルマが動かせないからレッカーを呼ぼうと電話番号を調べていたのですが!!」 と答えた。

「本当か!」

「本当ですよ!、何なら見てください!」 と言って、ボクは座ったままスマホをイジってホームページを検索して連絡先を調べ続けた。

5、6人の警察官はクルマの周りをウロウロと調べて、 ボクの免許証を見たりして、そして去っていった。

しかし、音も無くクルマを取り囲んでいたのにはビックリした。

ボクも必死で連絡先を調べていたからかな。

早く帰りたいし、嫁の怒りが待っているから。

警察官どころではなかった。

あの時は、邪魔するなって、思ったね。

「チッって」感じだった。

カッと来ていたね。

普段ならビビっていたかもしれない。

今思えば、あれは職務質問だったのかね。

さすがに戦闘モードにはならなかったね。

しかし、眼つきが凄かったのを覚えている。

なっていたら、不当ナンチャラだよ。

暗がりから、赤色灯の点いたトヨタガイアが出てきて去っていったよ。

窓からコチラを何人かジーッと見てたね。

ボクはそれから20分待ってレッカー車が来たので、レッカーに、クルマ引いてもらい助手席に乗せてもらってクルマ屋まで行ったという思い出がある。