クアドロさんちの忘備録

忘れっぽいクアドロさんちのルーティンと趣味の忘備録

当ブログはPR・広告(アフィリエイトリンク)が含まれます予めご了承下さい。

「年金請求書」の提出を忘れると「年110万円」もらい損ねる

「年金請求書」の提出を忘れると「年110万円」もらい損ねる https://gunosy.com/articles/RpZVf?s=s

最近、更新の頻度が落ちているのを申し訳なく思っています。 仕事が落ち着いたら、色々なことを考えネタにしていきたいなと思っていますので、よろしくお願いします。

ボクは、出来たら早めに会社を辞めたいと思っている。 今の会社はボクにばかり頼っているので、何でもかんでも仕事を回してくる。

基本的にボクは仕事をするので他の人に回さない。 会社にいる時間は仕事で時間を埋めたいと思っている。 若い奴は手が空くと何時間でもサボる。

デスクにいない。

ボクは、決められた時間以外はデスクにいるので、時間が来るまでにフルで思考を働かせている。

働き方改革か何だか知らないが、残業出来ないのだから定時が迫ると焦る。 残業するのに合理的な説明がいる。 ただ、何となく間に合いそうにないという説明では許可が下りないかもしれない。 働き方改革と言われる前から、何年も前から基本定時で帰るというのがボクのポリシーで、他の者が忙しそうにしていても、サッサと退社する。この働き方をやっているので、定時退社前は思考力150%以上出ている。

終業時間間際ではフラフラでヘトヘトです。 こんな働き方続けていると続かないよね。

他部署の人間が平気でたら~っとのんびり(のんびりではなくてなかなか進まないだけかもしれないけど)仕事して定時過ぎても退社しない奴らは忙しいとかではなく、仕事のやり方自体ゆっくりとやっているだけだろう。

単なるスキル不足か、抱えている仕事量が多くてスキルが低くて早く裁けないか。

ボクも、仕方なくお客さんの返事待ちの残業の時、他のデザインの修正をやっていた、なかなか返事が来ないの分かっているので、その時はゆっくりと考えることが出来た。

「何故か」

「残業」

定時という束縛が無いから、お客さんありきで、残業しないといけないというバリアに包まれたがら普段よりじっくりと考える時間が出来たのだ。 お客さんがいつ返事を返すのかは時間が決まっていない。だから、気持ち的にじっくりと考える余裕が出来た。

デザインも普段よりも数倍しっかりとしたものが出来た。

普段こんなに時間掛けたらその日の先方渡しが出来ない(営業が自分の都合で今日中などといきなり言ってくることが多い)

働き方改革で効率化、効率化と叫んでいるが、時間を掛けないと出来ない物もある。 効率化出来ない物もある。 効率化できるのは手順の決まった物だけだ。 手順を省いても流れるものだけだ。

デザインに手順のある物は効率化出来る。 スキルの無い人には難しいけれどね。

しかし、手順の中には必ず頭の中から捻り出してそれをお客さんの要望通りに形にする工程がある。それは時間がかかる。 スキルの無い人は、何時間も掛けて形にすら出来ないかもしれない。 焦って、作って、とんでもなく稚拙なデザインを作ってしまう。

定時にまで、形を作り出すということを長年続けてきたけど、もう疲れた。

あとは、自分のペースでゆっくりとデザイン出来る仕事をやりたいですね。 じっくりと考えて、自分なりに200%の出来上がりになるような物を作ればお客さんも喜んでくれるだろう。

今は、時間に追われて仕事しているだけ、短い時間で考え、間に合わなければ延ばす。

じっくりと考える暇など無い。

実際、考えることより、時間が形を作り上げる時間に費やされる。 考えているときは手が止まっている。 何もしていないが、頭の中はグルグル回っている。

考える時間が無ければ、延ばして妥協した物を納めているだけ。

大した仕事していないけど、後継者は遊んでばかりだから、あとは廃業でもしてしまえばいい。

ボクはこのスキルを活かせるような仕事を探して生活する。

生きていけるだけのお金があればいい。

年金なんてあてに出来ないしね。

国の方から言ってくれないし、後から知って言っても知らん顔を何度もされている。

偉そうな態度だけは得意技だから、税金は国民が稼いだお金をぶんどっているだけ、それを給料として働く国民より楽して稼がないで貰っているクセに態度だけはデカい。

食わせて貰っているという自覚はないのだね。

不正なことをやらかしたら、速攻辞めてくれよな。

そういう役人は役に立たないのだから、働きなさい。