クアドロさんちの忘備録

忘れっぽいクアドロさんちのルーティンと趣味の忘備録

当ブログは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています。

ドラマ、マンガ、そしてガジェットのわたしの世界をのぞき見

私は自分の好きなドラマやマンガ、ガジェットについて記録をつけています。それぞれの物語やエピソード、デバイスの特徴を振り返ることで、日々の生活に彩りを加えています。

 

先日、あるドラマの一場面が頭から離れませんでした。登場人物が交わした意味深な対話が、何とも言えず心に残っているのです。

そんな時、私は簡単にそのシーンを検索し、登場人物が何を言っていたのかを確認することができました。

これまではGoogleやYahooで検索して、求めている情報を見つけるまでに時間がかかっていましたし、見つからない場合が多いです。

しかし、私のブログが小さな小さなウィキペディアのような役割を果たし始めてから、情報収集がずっと便利になりました。

 

過去には、書きたいことや面白いネタを適当に書いては放置していたため、過去の記事を見返しても何を書いたのかよくわかりません。

整理整頓して断捨離したいのですが、知らない間に膨大な記事の山、それも時期外れな思い出記事になっていて役に立ちませんし、整理に無駄な時間が掛かり過ぎます。

しかし、最近、奮起して自分自身にとって有益なブログを作ることで、気楽に長く続けることができるようになりました。

例えば、最近取り上げたドラマは、私の日常から離れて、異なる世界へと誘って行ってくれます。

画面の向こう側には、私が共感し時には反発すら感じるキャラクターたちが生き生きと存在しています。

ドラマの感銘を受けたセリフや、グッと心に残ったセリフなどを残しておきたいと思いました。

 

今日は、そんなドラマの一つ、10年前のドラマで、昔大ハマリしたドラマだったので「dinner」のエピソードについて、私なりの記憶の断片を書き留めておこうと思いました。
Walkmanを使ってみて」というテーマや「Wi-Fiルーターの進化」などでは、私が実際に使用してみて感じたことや、そのデバイスが私の日常にどのような変化をもたらしたかを紹介しました。

これにより、読者の皆さんも新しいガジェットを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

そういうふうにしているといちいち検索しなくてもある程度のことはすぐに取り出せるブログが、私のマイウィキペディアになりましたした。

このように、私のブログはただの記録ではなく、私自身や読者の皆さんにとって有益な情報源となることを目指しています。

皆さんの日常にも、少しでも彩りを加えることができれば幸いです。