Quadro Diary

会社でやっている仕事はDTPデザインやっています。どうでもいいような事、自分が気に入った物、気になった事、広く浅くいろんな事を防備録みたいに書いていこうと思います。

結局、キャッシュレスは誰のためなのか -それは、キャッシュレスは誰のためというのは、日常生活を送るのが大変な人のためだ。INSIGHT NOW!プロフェッショナル

結局、キャッシュレスは誰のためなのか - INSIGHT NOW!プロフェッショナル

キャッシュレスは誰のためというのは、日常生活するのが大変な方々な人のためだ。

コロナなどの話と一緒に考えても仕方ない。

この機能のみで考えると、スマホという便利な機械を出してくれて、アプリでお金のやり取りを出来るようにしてくれたことは神のような仕組みを導入してくれた人に感謝だ。

今まではパソコンでしかインターネットの買い物を出来なかった、軽いモバイルパソコンを持っていれば別ですがポケットには入らない。

数年経ってスマホが出て、爆発的に所持する人たちが増えたことで市場が出来上がったので、キャッシュレスを導入しやすくなり、使うか使わないか人それぞれです。

カード払いに疑心暗鬼な方はいます。

日常生活を送るのが大変な方たちはお金の出し入れ自体が大変なのです。

スマホを見せてアプリを立ち上げるだけで決済できる仕組み自体が神です。

財布から小銭を出さなくてもいい、ポイントカードのように現金チャージすることも減った。 持ち物も軽くてすむ。

どうしても現金じゃないとダメな事業者のため自分が使うだろうと思う金額のみ現金を持っていればいい。

実際、キャッシュレスは誰が得をするとかどうでもいいのです。

世の中の不便な方々の生活の質が上がったことでいいではないの。