Quadro Diary

会社でやっている仕事はDTPデザインやっています。どうでもいいような事、自分が気に入った物、気になった事、広く浅くいろんな事を防備録みたいに書いていこうと思います。

『宮迫田村の会見』へのビートたけしの言葉に、共感の嵐 「まさにそれ」「怒りが伝わってきた」

『宮迫田村の会見』へのビートたけしの言葉に、共感の嵐 「まさにそれ」「怒りが伝わってきた」 https://gunosy.com/articles/Rf1fK?s=s

若手はこんなことしなくちゃご飯食べれない。

昔、押し入れに住んで、パンの耳がご飯だと面白おかしく番組にしていたけどね。

何年も前の番組で、今だに若手は売れないと給料も生活費さえも無い、アルバイトしないと芸人やれない。

若手は顔売れてないから、闇営業と言っても反社の人間にも「あいつ誰」みたいな感じで金も払ってもらえないだろう。

若手は生活のため金もらえるならと出らざる負えなかったんじゃないか。

首謀者の金儲けの道具に若手芸人も宮迫らもまさか闇の連中だとはね。

若手の生活のために仕方なく引き受けたらえらい目にあってしまった。

何年も前の話でこんなになってしまうなんて想像も出来なかっただろう。

たけしさんの言うとおりだね。

ボクみたいな人間でさえ最低生活出来ているのにね。

吉本興業が生活出来るくらいの賃金を払ってやっていればね。

今更だけどね。

見てるコチラが辛かったね。