Quadro Diary

DTPデザインやっています、広く浅く、いろんな事を防備録みたいに書いていこうと思います。

XR RIKENON 50mm f2.0。マニュアル撮影の楽しみ。

f:id:hrhsmto:20190316021850j:image

XR RIKENON 50mm f2.0、マニュアルレンズを使い始めて、今のオートフォーカスレンズがいかに高性能な機械かわかったような気がする。
どのような構造を考えればあのようにファインダーの中でピントが瞬時に切り替わるのだろうと思ってしまう。
オマケにズームレンズなんか近寄らなくても、自分の好きな構図に調整が簡単、ピント合わせも正確。
スゴイ幸せに感じる。
撮影がすごく簡単過ぎて、何百枚もあまり考えなくても写真が撮れてしまう。


このレンズで撮影に出掛けるとそんなにたくさん写そうと思わなくなった。
1枚1枚慎重に被写体と対話するかのように見て、見て、見る。ピント合わせに神経を集中する時間はオートフォーカスの何倍も時間を掛かります。

体力もかなり使います。

だから撮った写真は貴重な1枚になりますね。