Quadro Diary

会社でやっている仕事はDTPデザインやっています。どうでもいいような事、自分が気に入った物、気になった事、広く浅くいろんな事を防備録みたいに書いていこうと思います。

お散歩写真に最適。

お散歩で今までオートフォーカスレンズを使ってきました。 近所に散歩しながら写真を撮るなら、被写体をじっくりと見ながらピントを合わせる醍醐味みたいな感覚を感じました。 それならオートフォーカスレンズでも、マニュアルにすれば同じじゃないかと思いますが、それだと面倒臭いから、すぐオートに戻したりして、ただ、カシャ、カシャ、シャッターを押すだけになる。

このレンズだけを持って行くと、オートにしたくてもオートには逆立ちしても出来ない。 だから一生懸命に被写体と背景を見る。 本当に写真を撮っているということを感じました。 いつもと違う感覚ですね。 開放にするとピントの合っている面を見ているのだけどファインダー内ではなかなか見えない、カメラから取り出した写真を見て、ちゃんとピントが合っていないボケた写真だらけ、そこが良いですね。

フイルムで、撮っていたころデパートのプリントコーナープリントしてもらって、家で写真を見たとき全部ダメな写真ばかりのガッカリとした思いをしたときの感じと同じですね。

また、お散歩したときは肩にカメラとこのレンズだけを下げて持って行きます。 春になるのでいつもと違う写真が撮れればいいな。